把握能力 

思考活動におけるものを、位置関係、図形、系統分けをするのに、
文章として書きだし、思考の概念を把握することで、
この自己修練を繰り返すことで、”把握能力”が
蓄積していくプロセスを得ることにより、
思考機関を連結することで、思考処理を得ることにある。
潜在意識化の思考活動を、論理的に思考を組み立てるという法則を、
客観的に処理させることで、”把握”することであるのだが、
”概念”を言語で伝えようとすると、
”概念”事態が、本人の思考段階が、経験、知識を欲求される。
伝達手段が、言語という思考に限られるかぎり、
”概念”を把握することを困難される。
その為、位置関係、図形、系統分けすることにより、
”図形化”することで、客観的に洞察し、
伝達手段を得るということに繋がる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1422-befd9f57