共同幻想 

大衆というのは、遺伝、血統、家系といったものの
共同幻想を作り上げようとしている。
共同幻想は、生き方を強いられるように仕向ける。
人間というのは、意思を持って、運命を担う。
王というのは、王の視点、王の意思を持って初めて、真の王へと運命を得る。
だが、王族という理由だけで、特別な存在として共同幻想へと集合無意志的に
大衆の思考が支配されるのだ。
血統、家系というのは、常に周囲から強制力で成り立っている。
商人の子供は、商才が期待される。
職人の子供は、器用さが期待される。
王族の子供は、帝王学が期待される。
意思を持つ前に、周囲からその意思を歪められる。
幻想なのだよ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1425-a9c2ec5e