地震は荒らぶる自然現象ではない 

地震と艮の金神の関連性について分析してみると
大地(土)が艮の金神である。
そして、マグマが素盞鳴の大神である。
「日本列島はあくまでも艮の金神の中心部である。
 地球という星に艮の金神が宿っているのである。
 岩なんかも神霊が宿っていることもある。
 生きてると・・言うよりは住処と考えたほうが
 わかりやすいのかもしれん。」


「素盞鳴の大神様も篤く祀りてくれよ。
 此の神様には毎夜毎日御詫びせなならんのざぞ。
 此の世の罪穢れ負はれて陰から守護されて御座る尊い神様ぞ」

「素盞鳴命が、荒らぶる神、悪神ではなく、
 人民の罪を背負って下さる救ひ主の大神であることが判らねば、岩戸はひらけんぞ」

「素盞鳴の大神が悪神とうつるのは、悪がそなたの中にあるからであるぞ」


マグマを以下のように置き換えると
「マグマ(火山)が、荒らぶる自然現象ではなく、
 人民の罪を背負って下さる救ひの
 自然現象であることが判らねば、岩戸はひらけんぞ」


アリオンは次のようにも呼びかけている
「この世界に、影の存在としての圧力(これは詳しくは言えない)
 が掛かってきた時に、防波堤の役目を担うことのできる国が日本なのだ。
 ところが、この防波堤の役目をも担える筈の日本の国民は、眠ろうとしている。
 物質的にも恵まれ、柔らかい羽毛の布団の中で自分だけの夢を貪りながら、
 ながいながい夢を見ようとしている。
 この夢には供給元としての影の存在があるにも関わらず、
 日本の国民は我関せずとばかりに、クルリと向こうを向いて寝ようとしている。
 せっかくの磁場である日本も、その上の国民がこれでは機能しなくなる」


「鬼は人を揺さぶる、揺さぶり続ける…これでいいのか、本当か?と」

鬼=サタン=マグマ
マグマは活性化すると、地震がおきる。
「地震は人を揺さぶる、揺さぶり続ける…これでいいのか、本当か?と」

「地震が、荒らぶる自然現象ではなく、
 人民の罪を背負って下さる救ひの
 自然現象であることが判らねば、岩戸はひらけんぞ」


簡単に答えてやると、活火山や地震がおきると
人の意識レベルが数段と跳ね上がるのだ。
今回の地震で原子力発電所が危険な存在とあらためてみなに認識されただろう。
まさしく、地震によって意識レベルが日本人ならず、
世界中の人間に認識されただあろう。
自然現象というのは人類の想念によってできる。


「大峠の最中になったらキリキリ舞いして、
 助けてくれと押し寄せるなれど、その時では間に合わん。
 逆立ちしてお詫びに来ても、どうすることもできん。
 皆己の心であるからぞ」
(ひふみ神示)


木花咲耶姫様からの神示2009年11月17日
温暖化は人の予測よりも速く進行し、その影響大きく、日本にては四季の循環乱れゆく。
さなれば急激なる温度変化もあり。
その変化についていけぬ者思わぬ病呼ぶ事となりにけり。
生態系にも狂い生じ、アリのように小さな虫の類や小さき魚、
山にては小さききのこの類等、その形が大きく変化しかつ大量発生せば、
不気味さとともに人間に被害与える恐れもありなん。
海も山も急激なる天候の変化にて、思わぬ災害呼ぶ恐れあり。
海も山も侮るべからず。
己は災害には遭わぬなどと思うなかれ。
今や世界中に安全なる土地など無し。
様々な状況に思いを巡らせ備えるべし。
2009年に起こりし現象ますます強まれり。
地震も台風も火山の爆発も自然の現象にて地球に必要なものなり。
なれど、様々な自然災害荒ぶりたるは、人が地上に撒き散らしたる毒、また、
人が自らに溜めたる邪気が因なり。
さなれば、全ての災害は神の怒り、悲しみと捉え、ただただ反省あるべし。
地球は今や瀕死の状態なり。人が思う以上に状況は悪しきなり。
その地球浄化するには人の魂を浄化することが不可欠。
人は自らの波動高め、地球の波動高めるが本来の役割なること悟るべし。

ひふみ神示 第01巻上つ巻・第一帖
二二は晴れたり、日本晴れ。神の国のまことの神の力をあらはす代となれる
ひふみ神示 第01巻上つ巻・第二帖
親と子であるから、臣民は可愛いから旅の苦をさしてあるのに、
苦に負けてよくもここまでおちぶれて仕まうたな。
ひふみ神示 第01巻 ・上つ巻第三帖
海が陸になり陸が海になる。
ひふみ神示 第01巻 ・上つ巻第四帖
早く神祀りて呉れよ、神祀らねば何も出来ぬぞ。


日の元の民よ、神=大地(土)を生かすのだ


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/144-b965a952