支配者タイプ 

善より、悪のが優秀であることがしばしば多い。私の言う支配者とは、為政者、王、指導者のことを指す。人は、悪の傾向へと陥りやすい。そのため、悪の概念で文章として書き出すことにより、ただ、自己同一化しないようにさせることである。善で語ると、陶酔してしまう可能性が高い。宗教家の多くが、失敗するのはそのためである。おそらく、私の言ってることは、石屋の水準までの段階で、喋っているので、理解しにくいと思う。ただ、道徳心を書くのではなく、読者が悪を理解してくれたなら、筆者 のやったかいもあるだろう。石屋と手を結ぶとはこのことであろうがな。なーんてな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1454-0777b2b4