ユダヤ12民族 

ひふみ神示 第24巻 黄金の巻・第二帖

日本が日本がと、まだ小さい島国日本に捉はれてゐるぞ。
世界の日本と口で申してゐるが、生きかへるもの八分ぞ。
八分の中の八分は又生きかへるぞ。生きかへっても日本に捉はれるぞ。
おはりの仕組はみのおはり。骨なし日本を、まだ日本と思うて目さめん。
九十九十(コトコト)と申してカラスになってゐるぞ。
古いことばかり守ってゐるぞ。古いことが新しいことと思うてゐるなれど、
新しいことが古いのであるぞ。取違ひいたすなよ。【神は生命ぞ】。
秩序ぞ。秩序は法則ぞ。為せよ。行ぜよ。考えよ。考へたらよいのぢゃ。
為すには先づ求めよ。神を求めよ。己に求めよ。求めて、理解した後 為せ。
為して顧みよ。神のいのち其処に弥栄えるぞ。今迄の日本の宗教は日本だけの宗教、
このたびは世界のもとの、三千世界の大道ぞ。教でないぞ。
八分の二分はマコトの日本人ぢゃ。日本人とは世界の民のことぢゃ。
一度日本すてよ。日本がつかめるぞ。日本つかむことは三千世界をつかむことぞ。
悪の大将も、そのことよく知ってゐて、天地デングリ返るのぢゃ。
物の食べ方に気つけよ。皆の者、物ばかり食べて御座るぞ。
二分の人民、結構に生きて下されよ。喜び神ぞ。


聖書に記されている通り、
神ヤハウェは預言者たちを使者として使わし、
預言者を動かす事で
ユダヤ12民族から選抜された民衆に語りかけ、
民族統一国家イスラエルの建国を働きかける。

かつてユダヤ12部族が建国したイスラエルが滅亡した時、
それは神ヤハウェの計画が頓挫した瞬間でもある。

ユダヤ12部族とは全人類の中から、
その時々の社会情勢に従って選抜された民族魂が
ユダヤ人として転生している人々が作る、
世界連邦国家の雛形であった。

人類の和合・連帯・共生・調和を推進するための、
それを試すための、試練を与える場所であり、
人類共和を実現するための民族であったからである。

神ヤハウェは日本列島にユダヤ12部族を移民させ、
密かに人類共和の魂を培うべく移動させたのであろう。


ひふみ神示 第24巻 黄金の巻・第二帖
八分の二分はマコトの日本人ぢゃ。日本人とは世界の民のことぢゃ。


選民ユダヤとは、世界連邦国家の雛形を作る民族のことである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/15-13cfeeb4