アセンションてどういうのか本当にわかっていますか? 

これまでの地球を大局的に観ると、原始星時代から
現代の時代で、次元(波動)は上昇し続け、
地球の次元(波動)の上昇に
付いていけなくなった生物は滅亡してきた。
そう、大繁栄した恐竜は滅び去った。

生命を進化させようとする地球の波動上昇に付いていけないため、
地殻変動と気象変化、それに伴う植物の変化、それに伴う草食竜の変化、
それに伴う肉食竜の変化の中で、環境適応能の限界を迎えて滅んだのである。
それは終わりを意味するものではなく、
新たに肉体的に進化して生物として生まれ変わっているだけのことである。

地球の次元(波動)の上昇により、
その振動数を上げていくと植物も動物もその波動に
適合したものだけが生物として地球上に存在することになる。
反対に上昇する次元(波動)についていけなければ、
嘗て恐竜が滅んだように淘汰されることになる。
実際に、今回の次元(波動)上昇で想像を越える数の人類が淘汰されること。

次元(波動)上昇に付いていけない人類は、
次元(波動)上昇した地球に二度と転生することは出来ないため、
似たような3次元の星に転生して、
この世で生かされた間に
こなせなかった課題に再度取り組むこととなる。
 

 評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村             

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/155-a3557733