2度目の岩戸閉め 

「次の岩戸閉めは天照大神の時ぞ。
大神はまだ岩戸の中にましますのぞ。
ダマシタ岩戸からはダマシタ神がお出ましぞと知らせてあろう。
いよいよとなってマコトの天照大神、
天照皇大神、日の大神揃ふてお出まし近うなって来たぞ」


【解釈】
シャンバラによる働きかけで
初代天照大神である
艮の金神を封印した意味から、
岩戸の中に隠れたということである。

”石屋というのは岩戸を閉めた神々という意味である。”

そして艮の金神を封印した世の中を、上に立つ神々が、
地上世界の方針を
アメノウズメの「嘘」とタヂカラオの神の「力づく」によって、
世の中を開いたと云う事である。

ダマシタ神がお出ましぞと知らせてあろう・・・・
嘘を言ったのはアメノウズメであるから、猿田彦が
現在の天照大神に就任しているということである。

初代天照大神であった国祖金神の引退以来、
その権威は日本民族の統率者としての権限に限定されてしまったが、
形式上は全人類霊王国の統治者である。
その玉座には現在の天照大神・猿田彦大神が就任している。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/187-861864e3