出雲族の封印について 

日向族の呪術師(ヤタガラス)たちにより、
出雲族の霊力を封じる手段として名前に封印を
施したことと事実が書き換えられたことが原因です。
ヤタガラスたちは出雲の数である
『八』の上に宀(うかんむり)をかぶせることで力を封じ込めてきた。

陰陽師と言えば安倍晴明が有名だが、
安倍晴明は賀茂氏の血を引いている事でも知られている。
そして、言霊学では「アオウエイ」が順天宇宙律で、
「アイウエオ」は逆天宇宙律だとし、出口王仁三郎は次のように述べている。

「アオウエイをアイウエオというようになったのは安倍晴明の頃からである」

日向族の陰陽師(ヤタガラス)たちは、出雲族を封印し、
物質文明を完成させる為、逆天宇宙律「アイウエオ」の言霊で
地球滅亡の危機的状況を作り出してきた。
ヤタガラスは「御用の悪」である。
本人たちに意識はなくても、
地球滅亡の危機的状況寸前の
物質文明を完成するためであろう。

ひふみ神示
「アイウエオからアオウエイの世にうつって来るぞ。
 アオウエイの世が天国ぢゃ。用意はよいか」


だが、人間の発声(言霊)に、本当にそのような力があるのだろうか。
それは『ひふみ神示』に示されている。

ひふみ神示
「人民が正しく言葉すれば霊も同時に言霊するぞ、神も応え給ふのであるぞ」

「神の現はれであるぞ、言葉は神を讃えるものぞ、
 マコトを伝えるものぞ、ともに鳴り、ともに栄えるものぞ」

「神は言葉ぞ、言葉とは誠ぞ、息吹ぞ、言葉で天地濁るぞ、言葉で天地澄むぞ、
 戦なくなるぞ、神国になるぞ、言葉ほど結構な恐いものないぞ」


そして、日本列島は地球の中心部なので、霊的磁場が集中しているから、
日本列島が破壊されれば、地球滅亡につながるのだ。

そして、マグマの活動を封印する為に、
日本列島の各パワースポットに封印が施される事になった。
マグマの活動が活発な日本列島では、
人間が安全に暮らす事が出来なかったためと思われる。
そのパワースポットが日本列島を縦断する最大級の断層(中央構造線)上に
位置する事からも、マグマとの関連性が窺える。
また、中央構造線の東の先端の鹿島神宮には、
地震を抑える「要石」がある事は有名である。
また、鳥居と注連縄も「封印」の形である。
しかし、地球の環境の破壊や
汚染(コンクリート=土の磁場を弱めることにつながる)が進み、
地球の浄化作用として、
巨大地震や火山爆発によって、
地底に封じられてきた電磁気エネルギーが放出を始めたという事である。
それによって、その放出されたエネルギーは天候を司る電磁気エネルギーを増幅し、
集中豪雨や台風や落雷などの異常気象によって公害を一掃して祓い清め、
地球の電磁場の調整などを行なっているのである。
つまり、天変地異は物質文明に汚染された
地球の浄化作用が神の働きである。

秘密結社 KNIGHTS † LUCIFERから一部引用

地震を抑える封印をつづけることは
天変地異がむしろ逆に強くすることにつながる。
今まで、つもりにつもったものが大爆発するようなのであるからと推測できる。

ひふみ神示 第03巻  富士の巻第二十七帖
江戸と申すのは東京ばかりではないぞ、
今の様な都会みなエドであるぞ、江戸は何うしても火の海ぞ。
それより他 やり方ないと神々様申して居られるぞよ。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/196-4da381fb