死の天使(死神) 

死のプロセス
死の天使(死神)は悪者のイメージはあるのですが、
本来、死んだ後の私たちを援助するためにいるのです。
それでは、まず、死のプロセスをもう少し詳しく見てみましょう。

肉体からの分離
人間が死ぬと、その肉体は火葬または土葬などにされます。肉体はそれで終わりです。
では、その時、目に見えない次元では何が起こっているのでしょうか。
肉体が最後に吐く息を通して、霊と魂は体の外に出ます。
その瞬間から、肉体はその機能を失って、肉体が属するところの土(地球)
に戻るプロセスが始まりますが、肉体から離れた霊と魂にはその後も別のプロセスが続きます。
銀色の糸が死の天使によって切られると、
魂は肉体をすぐさま離れますが、
霊はまだ主要なチャクラや神経叢との繋がりが残っているために、
それらを徐々に切り離す作業が続きます。最後に切られるのは、
肉体の後頭部と霊の後頭部を繋ぐ糸で、それは霊が肉体を後にするプロセス
をすべて記録するために最後にまわされます。
これらの分離は、ふつうは数分間のうちに起こりますが、
中には数十時間かかることもあります。
その後、霊と魂は光で満たされた筒のようなもの、
シリンダーのようなものの中を、スピードを上げて上昇していくのを感じます。
感覚的には大変な勢いで上昇していったように感じますが、
上昇し終わると肉体の真上に浮いています。そして、見下ろすと死んだ自分が見えます。
そうすると、自分の死体のまわりで、
家族や親しい人々が泣いたり話している様子が見えます。
また、葬式の打ち合わせや遺産相続のことなど、
彼らが話している内容が分かります。
聞こえるわけではなく、分かるのです。
さらには、彼らが何を考えているかも分かってしまいます。
それは、肉体の束縛を離れて三次元の法則に拘束されなくなったからです。

自分の死を自覚できないケース
さて、実のところ上に述べたような死のプロセスは、
自覚されないことも多いのです。
というのは、多くの人は死に際して何が起こるか全く知らずに死にます。
しかも、意識が眠ったまま死にますから、起こっていることが全く知覚できません。
また、たとえ死のプロセスを知覚できたとしても、
人間は死んだらそれでおしまいと考えていた人たちは、
その状況が何を意味しているのか理解できません。
死んでも意識があるため、自分は生きていると思ってしまいます。
そして、死んだときの苦しみをそのまま持ち続けてさまようことになります。
この状態は、自分はもう死んでいるんだと自覚できるまで続きます。
ですから、生きているうちに死のプロセスについて知ることが大変重要なのです。
また、たとえ本人が生前に知ることがなかったとしても、
残された遺族や友人が故人に対して
「あなたはもう死んでいるのですよ。だから、
いつまでもここにいてはいけません」と伝えることができます。
そして「叡智の光があなたを導きますように」と祈ることができます。
これによって故人が自分の死を自覚し、死のプロセスを進むことができるようになります。

自殺者のケース
では、自殺者の場合にはどういうことが起こるのでしょうか。
自殺する人は、問題や苦痛から逃れるために、
死ねばすべて終わると思って自ら命を断ちます。
ところが、いざ決行してみると、確かに死ねたと思ったのに意識が持続しています。
そして下方には、無残に破壊された自分の肉体が見えます。
そのときになって後悔しても、もう肉体に戻ることはできません。
そして、肉体と霊を繋ぐ糸が急激に引きちぎられるために、
多量のエネルギー流出を引き起こして霊を衰弱させます。
 さてこのとき、まだ寿命が残っていて、銀色の糸が切られていなければ、
もっと悲惨なことになります。たとえ肉体に戻ったとしても、
肉体は破壊されているので、動くことも話すこともできません。
やがて葬式が始まり、火葬にされます。このとき、どれくらい苦しむでしょうか。
生きながら焼かれているのと同じことになります。
そしてさらに悲惨なことに、自殺をした人は低次へ、
すなわち幽界へと下降することになります。
なぜなら、進化のために与えられた肉体
(過去においては自分の意志は関係がなく、地上に転生はされていたが、
 現在は自らの意思によって、転生している。)

を自ら破壊することは、
宇宙の摂理に反する行為であり、大変有害な成分を生じるため、
それを洗浄しなければならないからです。(大変な苦しみをうける)
(自殺界は本来の寿命まで洗浄されたあと、霊界に戻る)

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/211-9bf8017c