美徳 

アリオンメッセージ
心に必要なのは、素直さ、正直さ、無邪気さ、純粋さであるのだが、
現代文明の物質的繁栄のために人間はこれらの美徳を打ち捨ててきた。
なぜ打ち捨ててきたかと言うと、これらの美徳は過当競争社会で勝ち残るには、
かえって邪魔になるようなものだからだ。
素直で正直で無邪気で純粋な人が、他人を蹴落として競争に勝ち残れるはずがない。
そうして物質的な繁栄を手に入れるかわりに、心の栄養となる美徳を打ち捨ててきた。
その結果、心は進化できずにどんどん退化してしまったわけだ。


人は心が退化した分だけ外部情報に頼ることになる。
情報は頭で知的に処理される。少しばかり情報量の多い構造的な内容を
語る知的な人間を優れていると勝手に思い込むようになる。
そして、その知的な語りをする人間の心の
退化ぶりを看破することさえできなくなっている。
また、無邪気な純粋な人は、社会の苛烈さに打ちのめされて
“ひきこもってしまう” のかもしれない。

アリオンメッセージ
【自分自身を愛する】
 自分自身を愛するということは「したいように自由にする」では決してしてない。
「自分の奥底の、魂と呼ばれる部分の望むようにする」 ということだ。
自分の奥底の部分の意志を理解できないから、自分を心底愛せない。
自分を心底愛せないから、他人を心底愛せないのだ。


愛する事について

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/247-e204b4d9