夫婦の道 

出足の港は二二(夫婦)の理(ミチ)からぢゃと申してあろう。
真理と申してあろう。これが乱れると世が乱れるぞ。
神界の乱れイロからぢゃと申してあろう。男女の道 正されん限り、
世界はちっともよくはならんぞ。
今の世のさま見て、早う改心、結構いたしくれよ。
和は力ぞ。 
ひふみ神示 第二十七巻 春の巻 第二十五帖

妻にまかせきった夫、夫にまかせきった妻の姿となれよ。
信仰の真の道ひらけるぞ。一皮むけるぞ。岩戸ひらけるぞ。
不二(夫婦)晴れるぞ。 
ひふみ神示 第二十四巻 黄金の巻 第九十九帖

家の治まらんのは女が出るからぞ。夫立てると果報は女に来るぞ。 
ひふみ神示 第二十四巻 黄金の巻 第七十二帖

天が主であり地が従でなければならん。男が上で女が下ぢゃ、
これが和の正しきあり方ぞ。さかさまならんぞ。これを公平と申すぞ。 
ひふみ神示 補巻 月光の巻 第五十二帖

むやみに腹が立ったり、悲しくなったり、くやしくなったりするのは、
まだめぐりあるからぢゃ。めぐりの霊界との因縁が切れて居らぬからぢゃ。
愛は養はねばならん。夫婦はいのちがけで、お互にきづき合はねばならんぞ。
夫婦愛はあるのではない。築き上げねばならんぞ。生み出すのぢゃ。
つくり出すのぢゃ。そこに尊さあるぞ。喜びあるぞ。 
ひふみ神示 第二十七巻 春の巻 第二十六帖

夫婦けんかするでない。夫のみいかんのでない。妻のみ悪いのでないぞ。
お互に己の姿を出し合ってゐるのぞ。よく会得せよ。 
ひふみ神示 補巻 月光の巻 第九帖


日月神示では縁がある人は色情因縁(男女関係)が深いらしい。
神界の乱れイロからぢゃ・・・とは言うのは夫婦関係=男女関係という意味。
夫婦の理に外れていると次々にその家庭にトラブルや病気が涌いてきます。
色情因縁で精神に異常をきたし孤独な死を迎えるという運命の人もいる。

天理教教祖 中山みき様のお言葉
女は男に対してよく口答えをするものや その口答えがいかんのやで 
それを言わずに心に治めて通ってくれにゃ女とはいわれん 
ここのところよう心に治めておきなはれや 
日々心に治めて通らしてもらえばこそ女として徳が積めるのや
女としての徳というものはなあ、うちうち丸く治まるという理になるのやで 
女の心の使い方が治まる理にも治まらぬ理にもなるのや 


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この件に関してまとめを作りましたので、よろしければご覧下さい。


http://blogs.yahoo.co.jp/ulrikayui/GUEST/53475946.html

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/274-605af6ca