言葉で言葉を返してはならない 

無闇に相手から批判されたからと言って、
言葉で言葉を返してはならない。

イエスはこう言ってる
マタイによる福音書・第26章
「剣を取る者は剣によって滅びる」


どんな人でも批判はされます。
それを、いちいち感情を爆発し、怒ってはならないのです。

いくら自分が正しくて相手が間違っていても、怒ってはいけません。
人を怒らせてもいけません。
何を言われても、何をされても、自分自身の心に怒りの火を点けないことです。

”怒ると破壊のエネルギーが生まれ、なんでも壊したくなります。”

ひふみ神示 補巻 月光の巻第二十四帖
怒ってはならん。急いではならん。
怒ると怒りの霊界との霊線がつながり、
思わぬ怒りが湧いてものをこわして了ふぞ。
太神のしぐみに狂ひはないぞ。皆々安心してついて御座れよ。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/308-20876ff2