流産について 

流産にはさまざまな霊的原因が関係しています。
霊界にいた霊が胎児に宿り、霊は再生に先立って、自分のカルマを清算し、
霊的成長をもたらしてくれる両親・肉体を選ぶことになります。

”これはおそらく、守護霊や指導霊が選ぶのでしょう”

しかし、地上に誕生することを強く拒絶するようになる場合があります。
そのようなとき胎児の肉体は死亡し、流産することになります。
一方、地上の両親は、流産によって大きなショックを受けることになりますが、
それがカルマの清算や霊的目覚めのきっかけになることが多いのです。
予期せぬ事故や体調の悪化などによって流産するようなこともあります。
このようなケースでは、再生霊には優先的に同じ親、
あるいは別の親を選んで地上に再生することがあります。

流産は辛い体験でしょうが、カルマの部分
にたいしてあまり気にしないほうがいいでしょう。
昭和の中頃まで、出産は自宅で行われるのが一般的であり、
その際、近所に住む出産に立ち会った経験の豊富
な女性=産婆が赤ん坊を取り上げていましたこともあって、
急速な対応ができましたが・・・・。
今では出産は病院や助産院の分娩台の上で行われるのが一般的です。
これは現在の医療制度に問題があると思われます。
やはり、出産については急速な対応ができる環境を作ることが必然と思われます。

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/309-900d50bf