第四の時代 

第四の時代:アトランティス時代

アトランティス時代の陸地
このようにして第四の時代、すなわち水の象徴で
表されるところのアトランティス大陸が現れました。
アトランティス大陸、それは現在でもその名残りが
アトランティック・オーシャンAtlantic Ocean(大西洋)という名前に残っています。
大西洋に存在し、スペインの位置からブラジルのアゾレス諸島の方
にまで広がる大きな大陸でした。
写真のピンク色で示した部分がこの時代の陸地を表しています。
アトランティスの時代には大変パワフルな文明を開発しました。
この時代の人類の身長は3m~4m、平均寿命は700年ほどありました。
現代を遙かに超える文明とテクノロジーを開発した一方で、
頽廃した人々の間では黒魔術がはびこり、
これが一因となって天変地異を引き起こし、
アトランティス大陸は現在の大西洋の位置に沈みました。
 アトランティス大陸は何度かの天変地異で沈んでゆきましたが、
最後に残された島、それがポセイドニス島です。
この最後のポセイドニス島が沈んだのが約1万2千年前(BC9564年)です。
しかし、その前に約8万年前に大陸の大部分は沈んでいました。
ですから、最後のポセイドニス島が沈む前にすでに
地球上のいろいろな地域に移民が始まりました。
 現在のメキシコの位置にはトルテカ族、マヤ族、アステカ族
などが移民しました。そして北アメリカにはレッドスキンと
呼ばれる北米インディアン(ネイティブ・アメリカン)が移住しました。
そしてさらには南米にも向けてペルーのマチュピチュなどにも
いろいろな部族が移民してゆきました。
そしてヨーロッパの方に向けてはストーンヘンジなどで
知られるケルト族の移民がありました。
そして現在のアフリカ大陸に向けて黒色人種の移民がありました。
そして現在のエジプトにも移民がありました。
このようにして七種の人種に大きく分けられますけれども、
このうちの黄色人種、それは現在のゴビ砂漠の位置に渡り、
そこからさらに七つの部族ごとに分岐してゆきました。
それが多くのアジアの国々をつくってゆきましたけれども、
この黄色人種の中でも最も若い部族、それがこの日本の民族です。
 このように、現在の人類のルーツとなったのはアトランティスです。
これがすべての地球上の古代文明、また民話や神話の中にも
アトランティスの話、洪水伝説、また巨人伝説などが残されている所以です。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/31-7106fc28