猿田彦について 

我が日本王国の”初代天皇陛下”であらせられる、
猿田彦(ニギハヤヒ)について
以下詳しい情報のブログ
秦氏と猿田彦
記事から抜粋
歴代の天皇家は、有事の時など出雲系の神社にお参りすることが多いそうだから、
天皇家は、出雲が拠点であった猿田彦(=武内宿爾)
の流れである蘇我氏の系統だった可能性が強い。
聖徳太子が蘇我氏の系統だったことは有名だが、
それを藤原不比等がテロ手口で滅ぼした訳だ。
だから、藤原不比等は蘇我氏の祖先である猿田彦(=武内宿爾)
の祟りを恐れて巨大な出雲大社を改築したのだ。

蘇我(入鹿)氏は、藤原氏の穢い手口で暗殺されたが、
猿田彦(=武内宿爾)を祭る神社は、全国に普及し日本文化の土台になった。

聖徳太子の正体は蘇我入鹿と言われている。

以下、関連記事
天皇家の2大派閥

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/343-7d605003