ノーシーボ効果 

体に良くない物を食べざるを得ない状況の時、
体に悪いと思いながら食べると、
暗示の効果でますます悪い影響を
受ける事になる現象を「ノーシーボ効果」という。

食事改善では、「感謝と歓喜」が伴わなくてはならない。
苦痛を感じながら嫌々やるのは逆効果である。

ひふみ神示 第04巻 ・天つ巻・第五帖
獣の食い物くう時には一度神に捧げてからにせよ、
神から頂けよ、そうすれば神の食べ物となって、
何食べても大丈夫になるのぞ、何もかも
神に捧げてからと申してあることの道理
よく分かりたであろがな、神に捧げきらぬと獣となるのぞ、
神がするのではないぞ、自分がなるのぞと申してあることも、
よく分かったであろがな


神に捧げてからにせよ・・と言う意味は”感謝”の心を持ちなさいという意味だ。

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/344-f863a2c3