霊的身体を脱ぎ捨てるの意味 

古い霊的身体を脱ぎ捨てる」という言葉の真意は?
シルバーバーチは――
「そしてさらに進化すると、昆虫が脱皮するようにそれを脱ぎ捨てます」
(『シルバーバーチの霊訓(8)』(潮文社) p.104)と言っています。
この言葉をそのまま受け入れるならば、霊界では、
霊的進化につれて古くなった霊体を脱ぎ捨て、
新しい霊体をまとって次の界層に行くということになります。

霊的身体はグラデーション的変化をしながら、さまざまな様相
を示すことになるという基本的原則を正しく理解していないと、
シルバーバーチの「霊体を脱ぐ」という表現に惑わされ、
ここでも大きな勘違いをすることになってしまいます。
シルバーバーチの「古い霊的身体を脱ぎ捨てる」という
言葉の真意を理解するためには、次の説明を正しく知っておくことが必要です。

「自然に成長し、自然に進化していくのです。
程度の低い要素が高い要素に、その場を譲っていくのです。
何度も死に、何度も誕生するのです。幽体は肉体の死と同じ過程
で失われていくのではありません。低級なものが消えるにつれて浄化され、
精妙になっていくのです。それが幽体の死です。
そもそも死とは、変化であり復活であり、低いものから高いものへの上昇です。」
『シルバーバーチの霊訓(4)』(潮文社) p.128


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/379-3343afa1