アストラル体の振動数 

智学では、人間の身体は何層にもなる意識体があり、
一番表面にある「アストラル体(感情・欲望)」を、
次のレベルにある「メンタル体(精神体)理性」が
コントロールしているとされているが、
体主霊従主義の時代にはこのコントロールができない人が多いとされる。

また、アストラル体の振動数が低いと暴力的な人間になるのである。

・アストラル体の振動数を上げる要因となるもの

1.愛
2.あわれみ
3.他人への奉仕
4.落ち着いた、客観的な態度
5.新鮮な果物や野菜を食べること
6.純粋な水を飲み、きれいな空気を吸うこと
7.霊の存在を現実として考えること

・アストラル体の振動数を下げる要因となるもの

1.恐れ
2.憎しみ
3.憤り
4.自己中心的な態度や利己主義
5.世俗的なものへの執着
6.アルコール、タバコ、麻薬の常用
7.赤身の肉や脂肪などの「重い」食物をとること
8.悪意を持って他の人々や動物を傷つけること
9.霊についての無知や大きな誤解


アストラル体の振動数が上がれば、
霊界のより高い界層へ向かっていくということのようです。

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/384-79a05e54