ニギハヤヒと大和朝廷についての考察 

厳密に言えば、ニギハヤヒは大和朝廷の建国の基礎を作り上げた人であって、
初代天皇はカムヤマトイワレヒコに間違いないと思われる。


九州王朝(邪馬台国)・・・・アマテラス

出雲王朝・・・・・・・・・・スサノオ

西暦230年ごろ、九州王朝は大和の出雲王朝に、
あるひとつの提案をもち込んだ。
両国を合併させようという大同団結を提唱したのである。

ここに、両朝は合併に合意した。
そして新王朝誕生と同時に、両朝は重大な取り決めを交わした。
  
それは、代々の天皇は九州王朝の男子とし、
その正妃は出雲王朝の女子から選ぶこと、
そしてその正妃の親族が天皇を補佐し、政治の実験を握る、というものである。

このように、出雲・九州両朝の合併によって成立したのが大和朝廷である。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/387-1ade9c9a