次元の仮説 

地上での次元の人間
三次元・・・物質質料をもった肉体
四次元・・・アストラル質料をもった肉体
五次元・・・メンタル質料をもった肉体


このこと判れば来るべき世界が、半霊半物、
四次元の高度の、影ないうれしうれしの世であるから、
(ひふみ神示 五十黙示録 第三巻 星座之巻 第12帖)


四次元の高度の、影ない・・・
アストラル界(幽界)の消滅を意味している。


半霊半物質の世界に移行するのであるから、
半霊半物(質)の肉体とならねばならん、
原爆(に)も、水爆(に)もビクともしない肉体となれるのであるぞ、
(ひふみ神示 五十黙示録 第七巻 五葉之巻 第16帖)


高次元なるほど、霊の物質性は希薄になるので、
現在の科学(三次元の科学)は
三次元の霊の物質で、作っているので原爆でも死なない肉体となる。


「次元とは、あなたたちが今、見える世界のこと」

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/403-54c34d6f