神社は気を吸う 

まず、鳥居をくぐることで、参拝者に目印のような物をつける、
鳥括りの術をしかけるのだ。

以下関連記事・鳥居について

そして、神社の前ではお辞儀をするのだが、
このときにエネルギーコードから
エーテル体のエネルギー(人の気)を奪うのだ。


気についての豆知識
太陽や雨も含めて、宇宙からやってくるエネルギーは「天の気」、
大地から沸いてくるエネルギーは「地の気」、
人が発するエネルギーは「人の気」です


エーテル体が低下してくると
なんか体が重い ・疲れる ・眠れない などの症状として出てきます。
そして、現実の生活の中にも影響を及ぼしてきます。
運が悪くなったりするのだが、
これはエーテル体に溜まったマイナスエネルギー
が引き寄せる現象がおきるものである。


そして集められた人の気は東京に気が集まる仕組みを作り、
皇居に気を運ぶようにルートが作られている。
これは風水を元に作られた仕組み。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/410-e6637799