ワクワク 

メンタル体(精神体)のお話

読書だけでは精神体は形成されない。
考えることのみがそれを形成する。
読書は思考の材料を提供するだけで、その点にだけ価値があるのである。
人間の精神的成長は読書の際に費やす思考の量に比例する。
規則正しい、永続的、ただし度を過さぬ練習によって思考力は増大する。
それはちょうど筋肉の力が練習によって増大するようなものである。
そういう式の思考が行なわれないと、
精神体は漠然とした、整わないものになってしまう。
『神智学大要』第三巻メンタル体 第十三章 肉体(覚醒)意識 精神生活


つまり、普段どのように想っているのが大事なのですが・・・
多くの人たちが否定的想念にとらわれています。
これにたいして、ワクワク感を大事にして
行動する心がけが有効と思われます。

バシャールは次のように言っている。


「毎瞬、毎瞬、自分がワクワクするようなこと
をやるということが第一
です。 …略… ワクワクするものをちゃんとやるちきに、
素晴らしい喜びと健康を得ることが出来ます。」

「ワクワクすることをやる」とは、「今、この瞬間に生きる」ということである。

以下、関連記事
みなみな、歓喜することをお忘れだな~

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/438-6cfe9b71