エネルギー体の栄養学 

食べ物について、肉類禁物ではあるが、
これらの動物のエーテル体の影響があると思われる。

記憶とは何か

現代人の常識では記憶とは脳に蓄積された情報と理解されている。
だが、この常識は大きな誤謬である。
実際に人間の記憶を司っているのは、
生命体(エーテル体)と呼ばれる精妙体である。

エーテル体は生命力、記憶を司っていたりする重要な霊体のひとつだが、
動物の記憶、飼育されたときのストレスなどの
負の想念をエーテル体に記憶しているのだろう、
だがら、食べるときに人体に動物のエーテル体を吸収するのだ。

逆に効果的なのが植物のエーテル体を摂ることである。
植物は惑星の環境維持と
動物の意識進化を目的しているため、
人体に効果的なのだ。
また、玄米、キャベツ、生のカブ、
これらの食べ物はアストラル質のエネルギーを強化します。


日本人には肉類禁物。
五穀野菜の類をよく噛んで食べなさい。
日の神と水の神と土の神に感謝して腹八分目に収めよ。
二分は神に捧げたものと思え。
これを三年続けたら病が治り運が開ける。
つまらぬ理屈など無用。
食欲をコントロールすることは霊性を強化することに繋がる。
肉体が浄化され、邪霊が遠ざかり、霊界からの守護が強まるのである。


以下、関連記事
不思議な話
食べ物のついての推測

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/459-bd20992e