テレパス(精神感応)について 

テレパス(精神感応者)について

テレパス同士の交信は、
非常に恋愛感情に似ているために素人には誤解を受けやすく、
その道のベテランにおいても、しばしば困惑の種となる。

出会いから、強烈な感動をともなうこともしばしばある。

その点が一目惚れと勘違いされやすい点ではある。

まず、テレパス同士の出会いは、非常に稀な偶然に近い必然である
(どちらかのテレパスの力の差で起こり得る必然とでも言うべきか)。

普段は顔を合わさない年齢差、異職業同士の出会い、などが結構多いようである。
しかも、どちらのテレパスにとっても好みに反することも多い。

おそらくテレパス同士の出会いでなければ、
まったく意識の端にも引っかからないような相手なのに、
突然、魂の中に相手の印象が飛び込んでくるような感じを抱いたり、
その時は強烈な印象を持たなかったのに、
翌日あたりにハッキリした印象を持って、
脳裏に浮かび上がってきたりするようである。

大体は、たった一度の出会いから心に残ったり、数日後に思い出したりする。
テレパスのどちらかが、あるいは両方が自分をテレパスと感知していない場合は、
不幸な事に妄想だと思い込むようである。

しかし、テレパス同士の出会いは大体が知らずに引き付け合うのが普通なので、
たった一度出会ってそれっきりということはあまりない。

テレパス同士の純粋な愛情、
それも異性間のみならず同性の間にも育つ可能性が高く、
注意深く導くことが出来る時には性を超えた人間と
人間の創造的な愛情をも育てることが、
テレパス同士でない場合よりも、たやすくできる。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/466-62a0b9ae