心の中に悪い思いを持たないようにしなさい。 

人の口からは心の中に溢れていることが出てくるのです。
善い人は善いものを入れた蔵から善いものを取り出し、
悪い人は悪いものを入れた蔵から悪いものを取り出してきます。
裁きの日には、あなたがたは自分が口にしたつまらない
言葉の責任を問われることになります。自分が使ってきた言葉によって、
罪があるかないかの審判を受けるのです。
(マタイによる福音書)

口に入るものがあなたがたを汚すのではなく、
口から出ていくものがあなたがたを汚すのです。(中略)
口から出ていくものは心から出て来ます。そして、
それがあなたがたを汚すことになります。あなたがたの心からは、
悪い思いが出て来ます。すなわち、殺意、姦淫、みだらな行ない、
盗み、嘘、他人の悪口などは、あなたがたの心から出て来るものです。
これがあなたがたを汚すのです。
(マタイによる福音書)

神は「あたたがたの父と母を敬え」と言われ、
「もし父または母を罵る者があれば、
その者は死刑に処せられるべきである」と言っておられます。
(マタイによる福音書)

 ひとりの人がイエスに近寄ってきて言った。
「先生、永遠の生命を得るには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」。
イエスは言われた。
「‥‥もし、(永遠の)命に入りたいと思うなら、いましめを守りなさい」。
 彼は言った。「どのいましめですか」。
イエスは言われた。
「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな、父と母を敬え』
そして『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』です」。
(マタイによる福音書)

ランキングに応援してくれる方は、クリックを!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/47-07b1096c