ヤハウェの正体 

ヤハウェとは時の神クロノスであると思われる。

旧約の神ヤハウェ→ヤハウェ霊団→モーゼ

以下、関連記事
旧約聖書の時代

ひふみ神示第五巻 地つ巻 第二十五帖
時の神ほど結構な恐い神ないのざぞ、

ひふみ神示第五巻 地つ巻 第二十五帖
この世では時の神様、
時節を忘れてはならんぞ、
時は神なりぞ。

ひふみ神示第六巻 日月の巻 第十六帖
時の神様有難いと申してあろがな。

ひふみ神示第二十三巻 海の巻 第十四帖
時が過ぎてゐるから時の神様がお許しなさらんぞ、

ひふみ神示補巻 月光の巻 第三十七帖
時の神を忘れてはならんぞ。


アーリオーンは次のことを言っている
日月神示を伝えた霊統と私を始めとする、ARION12の霊統は同じだ。
だが、火水伝文は私の霊統でも、日月の霊統でも無い。
動きがシンクロしていたとしても、それは大きな流れから見ると当然のことであり、
それが同系統であることの証しにはならない。
私は、ここで火水伝文の言葉の出自について明らかにするつもりは無い。
ただ、私や日月の霊統と同じでは無いことだけは伝えておこう。

火水伝文
日月の神(サルタヒコ)→ヤハウェ霊団→我空徳生


これは、シャーマンからの情報だが
神社に毎年初詣に行くことは
神との【契約更新】にいっているようなもの

「日本人は契約の民」


契約の民とは全人類の中から、
その時々の社会情勢に従って選抜された民族魂が
転生しているとのから選ばれた人々が作る、
和合・連帯・共生・調和を推進するための世界連邦国家の雛形


以下、関連記事
ユダヤ12民族

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/471-fd1d8bd6