呪いの解き方 

日本民族は古代から呪いの儀式をやったりと、
呪われて建国された国の日本人。
私自身、過去の歴史の犯罪など興味がないのだが、
まあ、なにかしら先祖や前世で悪行をやって、
呪いの影響を受けている人がいると思われるので、
呪いの解き方について、            
呪いとは、なんらかの方法で悪意をもって
災厄・不幸をもたらす行為なのだが・・・

その人の恨まれている

原因を知る
ことで解ける場合もある。

物部、忌部、卜部、安倍(安部)などは
天皇家といざこざがあった部族。
これらが落ち延びた里を部落という。

天皇家が発端とされる差別問題

大化の改新
天智天皇による、蘇我入鹿を暗殺し蘇我氏本宗家を滅ぼす。

天皇家による暗殺事件

大本弾圧事件
取り調べに際して厳しい拷問が行われ、獄死者や発狂者を多く出すこととなった。
王仁三郎も度々病院に入院したという記録がある。

天皇家による拷問

鳥居と注連縄
為政者の非道によって倒れた霊を神社に祀り上げ
隔離して祟(たた)らせないため

裏天皇(八咫烏)による陰陽道による呪術

新政府軍が侵攻した東北や越後での
新政府軍(薩摩、長州、土佐、肥前の4藩に限らず、これに加わった様々な大名家)
による婦女暴行・拉致

明治維新の敗者

火水伝文から抜粋
時いよいよ現れ来たりたぞ。
これより先、新しき世に至るまで暫しの年月、
辛抱肝心ぞ。
人民様、程度の差こそあれ
業火の死、遂げる者。
生き残り塗炭の苦しみ、受くる者。
二つに一つになりたぞよ
人ごとでないぞ、汝も同じぞ。
悪人、善人らちもない。
死に行かれる者も、
残し置かれる者も聞くのざぞ。
この度は
地球最後の転生の時、天意転換の時ぞ。
それ由の厳しさぞ。
全人類、己が囚われ積みしケガレ、
一点の曇り無きまで払い清めせなならんから、
数多の民、死ぬる者も残りし者も相等しく、
阿鼻叫喚の地獄の如き洗礼をその身に受けねばならんのぞ。
女、子供辛きこと哀れであるが、
一人とてこれ避けること出来んから、
早よう魂磨きてくれよと申してきたであろうが。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/478-2fc5137b