男女の性的関係 

現代ならず、古代から日本人の男女関係、つまり、
性的関係を多勢するものがいる。
これはモラルの問題ではなく、現代人の
アストラル・エネルギー(感情の働き)が生まれつき低いためである。
アストラル・エネルギーが低いと生命体を維持できることができず、
セックスを介してエネルギーを強化せざるを得ないのである。
しかし、このような関係は男女のアストラル・エネルギーの奪い合いで終わりやすい。

アグニヨガでは、高エネルギー状態の時代になると
アストラル・エネルギーの低い動物は生存できないと警告している。
出来事として、北米大陸のコウモリ数千匹が
大量死したというニュースを科学雑誌が伝えている。
これは、動物のアストラル体が
高エネルギーに耐えれず、物質体から分離したためである。
同様にセックスに依存しないと生きていけない程に
低エネルギー状態の人間はアストラル体が分離し突然死を迎えるかもしれない。

これらに有効なのは玄米、キャベツ、生のカブ、
食べつことにより、アストラル質のエネルギーを強化します。


五十黙示録 第07巻 五葉の巻・第一帖
あの子を生んで、この子を産んで去ったのであるぞ。
その中に一人だけよくない子が出来た、その子には
海の藻草や山の菜、野菜を食べさせてくれよ、段々よい子になるぞ。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/516-261d0005