地上の魂の再生とカルマの考察 

アストラル圏から再び地上に生まれることを決意した魂は
どの集合的アストラル体に共鳴したかによって誕生の条件は大きく異なる。

集合的アストラル体とは社会、民族、宗教、家族などの階層に
分かれた価値観を共有したアストラル圏の共同体のことを意味している。

また、宗教や民族による共同体に共鳴した場合、誕生の条件は両親ではなく、
誕生する民族や地域の宗教の選択に重きが置かれる。

(例)
両親が日本人

日本民族・先祖・宗教

自身のアストラル体が共鳴(日本人として誕生)

片親が日本人・片親が外国人

日本民族・先祖・宗教

自身のアストラル体が共鳴(日本人として誕生)

片親が日本人・片親がチベット

チベット仏教に共鳴

自身のアストラル体が共鳴(チベット人として誕生)

日本民族のカルマは
集合的アストラル体として、日本民族全体としてのカルマとなる。
日本民族のカルマは火水伝文として以下のことを書いている。


火水伝文から抜粋
援助、援助と騒ぎ立て、汝の成せしは自覚無く
『あやま知』たてたる援助にて、金出し、口出し、手を出して
自国ばかりか他国まで利権むさぼり食い尽くし。
『あやま知』散々ばらまきて、山死ぬ海死ぬ心死ぬ。
貧富逆巻く悪き世にさせたが日本の罪なるぞ。


ちなみにダライラマ14世は以下のことを言っている。
過去に他国を侵略した歴史の事実は、因果応報により、
その国にカルマの清算を求められる。
非暴力を標榜するダライラマ14世もドイツ人との対話の中で、
「今、チべットはその過去の漢民族への侵略の歴史的カルマを清算している」
と述べられていました。

以上のことが本当にカルマだけのものか不明だが、
じつは、侵略された国、民族は過去性で侵略したりした歴史がある。


これが因果である

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/532-a397ff6b