マインドコントロール 

マインドコントロールという言葉を知っていると思うが、

これらの手法には行動を揃え、言動を揃えさせるように仕向けるのだが、
マインドコントロールされたものは、命令通りに行動するようになる。

軍事教練や、体育学校ではある一定の行動練習をやらせられる。
上層部では、評価されているが、私から言わせれば、
コントロールしやすい大衆の羊を作り出しているしか思えない。

このようにコントロールされたものは、思考できないようになっている。


ヒトラーは次のことを言っている
大部分の民衆は「ロボット人間」のようになり、
「神人」たちのプログラム通りに動き、
権力が勝手に何をやろうと、将来何を計画しようと、
もうなんの関心も疑問も持たない。
そういう、気楽だが超管理化された社会、
しかも、そのことを「ロボット人間」たち自身は全く気づかない社会になっている


ちなみにヨハネの黙示録ではこのことを比喩的表現を使っていると思われる。

ヨハネの黙示録 17:1
また、七つの鉢を持つ七人の御使いのひとりが来て、
私に話して、こう言った。
「ここに来なさい。大水の上にすわっている大淫婦へのさばきを見せましょう。

ヨハネの黙示録 17:2
地の王たちは、この女と不品行を行ない、
地に住む人々も、この女の不品行のぶどう酒に酔ったのです。


大淫婦→組織、宗教法人など
ぶどう酒→マインドコントロールのことを酔っているという意味と思われる。

つまり、組織はマインドコントロールをし、邪悪なる行いをしているということである。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/584-77c73a78