ユダヤの黄昏から(面白いサイト見つけた) 

ユダヤの黄昏から抜粋

灰色のヒトラー

経済が揺れ、弱者が大勢死んだ1933年のドイツに、
「ユダヤ式経済操作」を停止させる男が出現した。

アドルフ・ヒトラーである。

彼が政権を上り詰め、絶体絶命のドイツを救った。

その後のドイツ経済は、まるで悪い病気から癒えたかのように健やかになった。
失業者は激減し、生活は安定し、国民はビジョンを持った。

ヒトラーの政権「ナチス・ドイツ」(ドイツ労働者党)
に向けた国民のあの熱狂は、こうした理由に支えられていた。

一般に流布している「狂気の指導者と、正気でない民衆」

・・・という表現は、一部正しく一部間違っている。
当時ドイツで暮らした人々は、「間違い」とされる部分を知っているはずだ。

しかし公には語れない。

世界に張り巡らされた「言論統制」・・・つまり
「国際ユダヤの監視と圧力」は、今でも働いているからである。

「ヒトラーは極悪人だ」

こう言えば、彼らは満足する。

しかしそれが、「間引かれた情報」による近視眼であることを知らねばならない。
ヒトラーはその意味で、単純に「善人・悪人」といった分類に納まらない。
灰色の霞の中に、その姿が埋没しているのだ。

警告の時期

当時、ユダヤ人包囲網の閉じる速度は、非常に遅かった。

1.まずののしられ
2.次ぎに嫌がらせを受け
3.排除され始め
4.収容され
5.虐殺に至った

明らかだった「警告の時期」に、素早く逃げたユダヤ人は助かったのだ。

実際最初の頃のヒトラーは、ユダヤ人達がただ国内から出てくれれば良かった。
それで、彼らの移住先を求めて各国に打診している。

資料にはこう書かれている。

ヒトラーの目標としたところは第三帝国であった。
かつての神聖ローマ帝国といわれたゲルマンの王国、
さらにはビスマルクが統一したドイツ、
そのように優れたドイツ民族の心を一つにまとめるための帝国が必用だった。

そこでヒトラーは国家社会主義を提唱してドイツ国民を一つにまとめた。
その時、問題となったのが、ドイツ民族主義と相容れないユダヤ人達との摩擦であった。

初めは穏やかな迫害の中、金持ちや、
あるいは身分のあるユダヤ人達はドイツを後にして
アメリカなどに渡って行くことができた。
しかし、彼らよりもはるかに貧しい多くのユダヤ人達は、
おいそれとドイツから出て行く術を持たなかった。

ヒトラーは他の国に彼らを受け入れてくれるように
と懇願したが、まさに”なしのつぶて”。

それに加えるかのごとくに、国際ユダヤ資本は、
アメリカ、さらにヨーロッパ全体のマスコミを使って、
ヒトラーの人種差別政策を痛烈に批判し、それを世界に広めていった。

「極悪ヒトラー」は、その宣伝ほど異常者だっただろうか?

そうではない。

「ユダヤ人移住」を模索するという「妥当な考え」を持っていた。
それはユダヤ人達が一番よく知っていた。

だからこそ、彼らは「警告の時」に油断し、逃げ時を逃してしまったのだ。

・・・では、ヨーロッパ諸国はなぜ、
迫害されるユダヤ人達を受け入れなかったのだろうか?
それは、「恐れ」ゆえだろう。経済破壊が起きたドイツは恐怖の見本だった。

「ユダヤは、ああしたことをするのだ・・・」

首脳達は、自国内に定着したユダヤ人に経済を揺さぶられ、
「ドイツの二の舞」になりたくなかったのだ。
これは、国際ユダヤの監視の中では「口に出せない本音」である。

ナチスは仕方なく、ユダヤ人達を強制収容所に送り始めた。
やがて第二次世界大戦が勃発し、物資の不足が始まった。

兵士達の食料、一般市民の食料も不足する中で、
収容所にまで回す分が無い。ナチス幹部達は、「最終解決」を考え始めた。

つまり、「最終解決」はその言葉通り、ナチスが追い込まれた「苦肉の策」だったのだ。

最初から「虐殺」が頭に無かったことは、ヒトラーの言葉が証明している。

「ヒトラーの卓話」という本にはこう書かれている。

「ヨーロッパのユダヤ人問題を解決することが、
平和を守るための最大の課題だと私は思う。次の平和条約では、
このユダヤ人問題を解決する気のある国々に対して、
植民地の一部をユダヤ人に提供せざるを得ないという
フランスのケースを解決の一方法として示そうと私は考えている」

ヒトラーは当初、「ヨーロッパ諸国との協力関係」の中で、
ユダヤ人問題を解決しようとしていた。彼の言葉から、それが理解できるだろう。

一方、ヒトラーの呼びかけに答えず、
「なしのつぶて」を決め込んだヨーロッパ諸国は、その仕打ちをどう説明するのだろうか?

「ユダヤ式フィルター」

現在、ユダヤに絡んだすべての報道は吟味した方がいい。
彼らの送り出す情報には何らかの「フィルター」がかかっているからだ。

「被害」は誇張し、「自らの暴虐」は伏せる。

これが「ユダヤ式宣伝手法」であれば、
世界は何を見聞きしているだろうか?少なくとも、
正しい歴史認識からは遠ざかってしまう。

聖書の黙示録の中で、「ユダヤに該当する」と考えられている存在がある。
「獣の上に乗るひとりの女」だ。
彼女が振る舞う酒で、人々は酔わされている。

この酒(混ぜ合わせた酒)は、
「冷静な現状認識」や「正確な状況判断」を歪める
「ユダヤ式情報操作」にぴったり当てはまる。

世界中の王達、また、世界中の民衆はこの「女」の酒に酔っている。

黙示録 17:2
地の王たちは、この女と不品行を行ない、
地に住む人々も、この女の不品行のぶどう酒に酔ったのです。」

酒を飲まされた人々は、目の焦点がぶれて物事を正しく見ることができない。
同様に、世界の王達は、現在「酔いの中」にある。
とりわけ思うままに操縦を受けているのは、
その女が乗る「獣」・・・すなわち「アメリカ」である。

時は短い

「湾岸戦争」、「アフガン侵攻」、「イラク侵攻」と、アメリカの動きは活発だ。

彼らは、「イスラエルにとっての『脅威』」を「取り除く」ために働いている。

そして、「フセイン支配のイラク」は倒れた。

攻める側に好都合だったのは、フセイン一族が
「虐待」を常としていたことである。これは、その国を攻める「大儀」の一つとなった。

この度の戦争では、一方が悪く一方が正しいという
「シーソー式の図式」は馴染まない。どちらも灰色だったり、どちらも黒かったりする。

このところ、歴史は妙な動きを見せている。

「終結点」はやはり「ハルマゲドン」だろう。

状況からすれば、その時は近い。

「ユダヤの黄昏」は、もうすぐやってくる。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/600-37727d9b