女神から 

シャーマンから

関東、東の人間は、色のヘドロから抜けられない。ドロドロ、ヘドロまみれ。

ヘドロが大好き。(魂がヘドロまみれ)

震災が起きてからこっち、ずっと人間たちの様子を見てきたが、

特に関東はひどい。あんなことがあったのに、全然わかってない。

神のレベルでは、関東も仕組みが変わり、修正された部分はあるが、

人間としては・・・と言っていた。

震災は、決して発生してはいけないものだったが、

そんな中で「不幸中の幸い」があるかと、女神は期待していたそうです。

(あの震災をみて人の心が少しは変わるかどうか観ていた。)

色情因縁という言葉もあるが、
色という因が生まれて果となる。

なぜ、病気で苦しむのか?
なぜ、不幸がおきるのか?


火水伝文は次のように言っている。
自らの運不運を嘆き悲しみ辛く思いあるは、
酷き申し様に思われ様が、
それだけの真釣りを外し来られた証鳴るを、
どうあられても解かり取られて下されよ。
こが解かり取られねば、マコトの改心が出来ぬ由、
マコトの感謝の響きも鳴り鳴らいで、
真釣るマコトに至るは万古末代適わぬ夢と鳴り果てしもうぞ。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/613-ac03a5c6