自殺について 

自殺すると、まず、霊体と肉体のシルバーコードが

なかなか切断がスムーズに行われないので、激痛が及ぶ。

死後、火葬されるのならば、火葬するまでの間だけだが、

人の見つからない場所で自殺しようならば、

遺体が腐るまで、地獄的な激痛を何十年と及ぶ。

肉体を蛆虫が食いちぎる感覚を本来の寿命の分。

そのあとは自縛霊になったりする場合が多い。

以下のようなケースになる。

自殺→自縛霊→幽界

しかも、自殺により、来世では自殺した因縁が及ぶ。

自殺は罪ではないのだが・・・まあ、

死にたくなったら、食事を抜いて餓死を試してみるとよいと思われる。

まあ・・・その間で腹減ったら食べる意欲が出て考える時間もでるし、

本気で死にたいやつはそのまま餓死するだろう。

私は自殺を肯定も否定しない。

この惑星自体の人間の精神が墜落しすぎて、

世の中を生きるのが辛すぎるのだ。

自殺を全面的に否定をする人がいるが・・・・

本気で死にたい人間に何を言っても無駄だろうし、

やはり、社会全体が良くならないと無くならないであろう。

しかし、餓死を目指して、

不食になる仙人になってしまう御方も現れるかもしれないが。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/622-f6dc8419