神々からのメッセージより、応神天皇陛下(八幡神)からの神示 

応神天皇陛下からの神示
 
 東京この地、一度揺り動かしたもう
 地震こなければ気づかぬ人間たち
 我、剣を地上へ突き刺し地を動かしながら天へ上ろうと思う
 明子殿、悩むでないぞ
 これ予定されしできごと
 目覚め、そなたの祝詞で上へ上がる準備はできたぞ
 この剣、平和のために使うがその前に地を揺すり
 地の浄化といたそう
 そなたが銀杏の木の下で感じた下からの波動
 地の動きの前兆なり
 多くの人何も気づかぬ様子。嘆かわしきなり
 東京の神々怒りの中、苦渋の決断をした
 上がる前にそなたに伝えよう
 絶妙の好機で現れしそなたへ
 神の試練を受け入れるか人々に問う
 百年続くであろうこの試練を受け入れ
 人々地球の立て直しに間に合うのだ
 いん石落ちし場所はまだ決めておらず
 地上の人々減るぞ。三分の一。東京火の海
 明子殿、悲しむでないぞ
 浄化必要ぞ、なぜ気づかぬ人間ども
 神の怒り頂点に達し
 それでも森羅万象すべてを科学で証明しようとする
 浅はかな人間ども
 応神の霊力怒りのためだけに使いたくない
 今一度天へ上がる。本日はご苦労。次へ参れ。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/629-74d34453