明治維新について 

明治維新について間違った岩戸閉めの一つである。

現在の日本歴史の中で明治維新は評価されているが・・・・

日本神界は岩戸閉めの一つとして、あげられている。

*岩戸閉めとは人間の精神が墜落した原因。

明治維新の背後はシャンバラ(フリーメイソン)霊団の働きかけがあり、

坂本龍馬などが活躍したのは・・おそらく、

彼らの強力な霊的な働きかけがあったためである。

明治天皇もすり替えされた人物の一人ではあると言われているが、


明治天皇と昭和天皇は別物である。
明治に天皇すり替えがあった。
それが、大正末期にも繰り返された。つまり、2度のすり替えが行われた。


と言われている。

仏教世界では第二次世界大戦の目的は、

「ナチスドイツ」が欧州全域を支配し、

「大日本帝国」がアジア太平洋を支配して互いに闘争し、

最後には東西最終戦争を「大日本帝国」の勝利に導いた上で、

更に日本の権力中枢に天皇直轄の政府を

樹立することでこの世界を救済する計画があったのだが・・・・

おそらく、イシヤ(シャンバラ)とチベット仏教世界では

日本の権力中枢に天皇直轄の政府を作るために、

明治維新の背後ではあらかじめ仕組んでいたのであろう。

しかしこの計画は何らかの霊的障害により、

次善の策として米ソの2極体制が構築されたと思われる


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/662-d4b8ac1f