植物について 

『植物とは動物への奉仕の為に用意された存在であるが、
 この植物には自我意識というようなものはなく、
 個々の人間や個々の動物にある個々の魂というような存在ではない。
 植物一つ一つに対応して個々の魂があるのではなく、
 植物一切を束ねる潜象界の意識形態の一つである「精」は
 惑星全体の環境維持や動物の進化・向上に貢献・奉仕することで、
 これを喜びとしている。』

日月神示にもこうある。

『四つ足を食ってはならん。共食いとなるぞ。
 草木から動物生まれると申してあろう。
 神民の食物は五穀野菜の類であるぞ』

ランキングに応援してくれる方は、クリックを!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/67-9fe3e40c