怨霊結界の紐解き 

なぜ自然霊を封じて動けなくするのか。

そんなことに何か意味があるのだろうかと?

それは、自然霊、平和で調和的なもので

あるという思い込みがあるからだと思うのです

気のコントロールするのに、

どうしてもこういう存在を調伏する必要がありました。

龍脈というのは 「気」の流れで作られているが、

魔除けの処置の方法は、

鉄か銅でつくられた杭をたくさん地面に打ち込むことです。

中国によく「風水塔」という施設があります。

それも一種の「杭」で、

同じような発想から作られたものです。

ほかにも、怨念を封じてそのエネルギーを呪術的に利用するケース。

旧日本帝国が朝鮮半島を併呑したとき鉄道を引くと言う理由で

馬鹿でかい鉄の杭を打ったのは

朝鮮半島の龍脈を断つためとも現地の人々が言っている。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/685-7ec47d7b