太陽について 

ムー大陸の古代人は太陽が熱くない事をしっていた。
『ムー大陸のシンボル』ジェームズ・チャーチワード著、大陸書房

植物の意識に特殊な装置できいたところ、
太陽は熱くなく、地球と同程度の星である
『植物は警告する』三上晃著、たま出版

太陽からの光や熱がそのままで地球に伝わってくるわけではない。
太陽からの波動が地球の傍らに来て、地球の波動と干渉して熱に変わるのである
『サイ・ジャーナル228号』関英男著

太陽は表面温度25℃位の穏やかな星である
『来るべき宇宙文明の真相』深野一幸著、徳間書店刊

太陽が核融合反応を通して莫大なエネルギー
を放出するという事を、およそ一世紀半も私達は信じてきた 
ラルフ・E・ユルゲン

ひふみ神示 風の巻 弟二帖
お日様赤いのではないぞ、赤いとばかり思っていたであろうがな、
まともにお日様見よ、緑であるぞ


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/686-67f169b6