性について 

古今東西、性風俗というのはあった。

日本人は昔から、性のモラルがない人間が多いのだが、

性行為とは気と気の交じり合いである。

つまり、アストラルエネルギーの交じり合いである。

性風俗をしている女性は老化現象が早いのだが、

これはアストラルエネルギーを奪われているためである。

そして、肉体を維持しているのは、アストラルエネルギーである。

これが減少することで、老化につながると思われる。

ちなみに性風俗に入った男性は死後、痛みが襲われる。

*おそらく、この場所は中有界と思われる。

以下、リンク先

死後世界探索への旅が始まる

希望の家という部分である。

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/715-808fc983