あめつちの数歌を唱えよう 

あめつちの数歌にはどのような意味があるのか?
数歌は天地創造の順序を数で表わしたもので、
これを唱えれば乱れた霊界での順序が正され神の活動力となる。
つまり神の力徳が数歌の順序の言霊で力を発揮するのです。
これを解釈をすると、霊界の出来事は現界に現れますから、
霊界が正されるという事は現界が正される。
即ち現世が良くなるという事です。
少しでもミロクの世を早めるために毎日、唱えよう。

ひとー、ふたー、みー、よー、いつ、むーゆー、なな、やー、ここのー、たりー
ひとー、ふたー、みー、よー、いつ、むーゆー、なな、やー、ここのー、たりー
ひとー、ふたー、みー、よー、いつ、むーゆー、なな、やー、ここのー、たりー
もも、ちー、よろずー
 

ランキングに応援してくれる方は、クリックを!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

効きました

あめつちの数歌を唱えてみました。
凄く効きました。
「ひとー、ふたー、みー、よー、いつ、むーゆー、なな、やー、ここのー、たりー」で、エネルギーを溜めてから
「もも、ちー、よろずー」で、頭頂から抜く感じが確認できました。
毎日続けようと思います。
有益な情報に感謝いたします。ありがとう ございました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/72-201f7896