性について 

古今東西、性風俗があるのはなぜか?

それは、戦争などにより、

女性側の生活の糧、男女比の構成により、

ある程度できてしまうものであろう。

たとえば、陰間(女性や僧侶が性行為の買収のこと)

もそうだが、夫と死別した女性、

昔の僧侶は女性と結婚してはいけない制度、

大奥などの女性が利用していた。

本来、存在はしないほうがいいだろうだが、

現在の貧困層の男性や昔みたいに、

お見合い制度(一応、あるにはあるが、昔とは違うという意味)

もない状態では、

一生涯、独身の人間がいてしまう状態が出来てしまう人がいるから、

ある程度そういうのができてしまうのはしょうがないのかもしれませんが。


ひふみ神示
人力屋、酒屋、料理屋、芸姑屋、娼妓屋、無く致すぞ、世つぶすもとざぞ。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/728-9736f8ee