肺臓の呼吸と心臓 

霊界物語
精霊と呼吸および心臓の鼓動との間に内的交通なるものがある。
そは精霊の想念とは、呼吸と相通じ、その愛より来たる情動は、
心臓と通ずるゆゑである。肺臓の呼吸と心臓の鼓動とは、
人間の本体たる精霊そのものを繋ぐところの命脈であつて、
この二つの官能を破壊する時は、精霊は忽(たちま)ちおのれに帰り、
独立し復活し得るのである。かくて、肉体すなはち精霊の躯殻(くかく)は、
その精霊より分離されたがゆゑに、次第に冷却して、
つひに腐敗糜爛(びらん)するにいたるものである


精霊の想念→肺臓

愛の想念→心臓

人を好きになるときは、心臓が鼓動するよなー


霊界物語
人の精霊は、肉体の脱離期すなはち最後の死期に当つて、
その瞬間抱持したところの、最後の想念をば、
死後しばらくの間は保存するものであるが、
時を経るに従つて、精霊は、もと世にあつた時、
平素抱持したる諸々の想念のうちに復帰するものである。


臓器摘出によって、死んだ人の記憶が入るというのはこのためである。

臓器移植によって、人格が変わると言うし・・・

まあ、カルマの法則から言っても、臓器移植はやめといたほうがいいと思われる。



評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

コメント

ついコメントしてしまいました。
文章に引き込まれてしまうような
感じで…
こんな気持ちにさせてくれて
本当にありがとうございます。
よかったら、色々話がしたいです。
よろしくお願いします。

Re: タイトルなし

> ついコメントしてしまいました。
> 文章に引き込まれてしまうような
> 感じで…
> こんな気持ちにさせてくれて
> 本当にありがとうございます。
> よかったら、色々話がしたいです。
> よろしくお願いします。

かまわないよ、
なんでもいいので、
コメントしてくれれば嬉しよ。^_^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/752-a6957f91