カイの御用 

ひふみ神示
江戸の仕組すみたらカイの御用あるぞ。

ひふみ神示
カイの言霊(かへし)キざぞ。
キが元ぞと知らしてあろが、カイの御用にかかりてくれよ。

ひふみ神示
カイの御用も忘れてならんのざぞ。
食物(おしもの)の集団も作らなならんぞ、
カイの御用の事ぞ、
此の集団も表に出してよいのざぞ、

アリオンは次のことを言っている。
一はカミでありカイである。また、スメラミコトの数字でもある


猿田彦の神は言葉遊びが好きで連想ゲームのようになっている。

アリオンは「一」を「カイ」とも言っているが、

アートライン・プロジェクトの解釈では「魁」とされている。

魁には「かしら」「頭領」「さきがけ」「先鞭」という意味があり、

百鬼夜行の先陣を切ってこの世に現れるスサノオを意味しているのであろう。

カイの御用とは、食物(おしもの)の集団を作る頭領のことであろう


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/756-c4e468e6