日本の古来の方法で 

アリオンは次のことを言っている。

「あなたがたは、数字を読みなさい。
 日本の古来の方法で、カバラの知識と占星術の知恵を明りに……」


日本の古来の方法で、数字を読みなさいと言うことは、
連想ゲームのように、読めと意味であろう。

たとえば、
666→3つの6でミロクと読み、弥勒菩薩と連想できる。


アリオンは次のことを言っている。

「神の力を人の世に降ろし、有効に活用すれば良かったものを、
 アマテラスの義弟たちの我欲によって、誤った方法で力が使われることになった」

「四に沿って人々が行動した歴史や経験が足されることによって、五が生じた」


カバラの知識の4はセフィロトのケセドのことである。

物質的次元を意味し、ケセドの幾何学的イメージは「正四面体」である。

正四面体は神社に使われている。

カバラの知識の5はセフィロトのゲブラーのことである。

神社に沿って人々が行動した歴史や経験が

足されることによって、破壊が生じたとなる。という意味になる。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/771-d60faca5