水中に住んでいる生物の進化形態 

鉱物

海藻

頭足類・イカ、タコなど



エーテル体の水の精

エーテル体の雲の精

アストラル体の空の精

アストラルデーヴァ

低位メンタルデーヴァ

高位メンタルデーヴァ

水中に住んでいる生物は個人化(自我の形成)

にたどりつける進化の段階は、

アストラルデーヴァになって、初めて形成される。

水中の生物はどうやら、地上の動物とは進化が違い、

人間ではなく、アストラルデーヴァ(天使)へと進化していく。

わかりやく、こたえるなら、デーヴァとは自然環境を司る生態へと進化していく。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/795-8fdbf259