転生 

通常、転生というのは彼が最も必要とする徳を発達させるために
最善の機会が与えられるよう、時と場所と両親が選ばれる。
しかし、この最善の機会とは、
人間の目から見て必ずしも快適な環境とは言えない。
時にはカルマに因らず、ただ魂の成長を促進することのみを
目的として不当とも見える試練が与えられることもある。
それは、彼・彼女たちがそれに値する力量を持っている場合に限られ、
むしろ名誉なことと言える。
=====
なんで私はこんな家庭に生まれたと言う御方はいるが、
その人を”鍛え上げるためだけ”に最悪の環境に生まれる場合があるのだ。
ほかにも、目が見えない、耳が聞こえないというのもカルマだけでなく、
”鍛え上げるためだけ”によるものもある。

「艮の金神の網にひっかかた人はまるで祟り神のように見えるぞ」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/8-072dacd9