性行為の研究3 

merkaba02-150x150-thumbnail2.jpg

これは、私の憶測(理論体系)だが、

性において、身体的にレベルの高いエクスタシーに達するには、

高度のアストラル体が必要であろう。

グルジェフでは水素12へと上昇することである。


グルジェフによれば、性センターは強大な力を持っており、
このセンターを正常化させれば、
他のセンターも自分専用のエネルギーで動くようになるという。


グルジェフによると、超努力・・つまり、

不快な感情の無駄なエネルギーをくい止めるワークが必要だと説いている。

不平、不満、愚痴、雑念といった感情はやめなさいということである。

密教などは、理論体系をまず、完成してなくて、

身体から入る修行があるのだが、

チャクラはまず、身体から入るな。


多くのものが発狂している

性において、身体的にレベルの高いエクスタシーに達すると、

全身が反応しているという状態をよく観察することができるなら

太陽神経叢が一種の爆発を起こし、全身に広がっていく。

このとき、全身はある種の光に満たされる。

タントラの到達点というのは、神々が身体に乗りうつり、

神々のエクスタシーを人間が共有することで、神人合一をはかるというものだ。

要約すれば、神々の容器となるにふさわしい身体を用意するという方法である。

ほんらいタントラが目標としたのは、神々への接近である。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/822-552ea938