性行為の研究5 

性行為とは、幽体から、

男の陽の気と女の陰の気の交わりから生まれるエネルギーを

互いにまじりあう行為である。

トランス状態になるには、

歌や踊りをしたあと、性行為が効果的と思われる。

究極的なのは、気を操り、性行為を及ぶのが良いと思われるが、

もはや、この領域に入ったら、もはや仙人の類である(笑)。

グルジェフによれば、性センターは強大な力を持っており、

このセンターを正常化させれば、

他のセンターも自分専用のエネルギーで動くようになるという。

英雄色を好むという言葉もあるが、

それは「精的なエネルギー」が溢れるがゆえである。

タントラにおいて、呼吸法が性行為において大切とされるが、

これは、気を操っているからである。

女性の陰の気のエネルギーを

男性の陽の気を統合することで、

男性の創造エネルギーを120パーセント以上増やすからである。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/836-6475d6d2