愛する事について 

今日は『愛する事』について少し我々の考えを伝えておこう。

人は本来自分以外の生命体を求め愛する事で成長してゆく
筈だが現状ではその機能が果たされていない。それは何故だろうか?
と考えてみた事があるか?この事を調べていて、自分の生命を分かち
与える行為を『愛する』と呼ぶという事が意外に
知られていない事実に我々は気付いた。
そして残念な事には『命』の意味するところのものを理解出来ていない
人が殆どであるという事も判明した。

『命』とは大きく分けて2つの流れで出来ている。
それは『人』の要素と全く同じで、つまり物質的な要素とより精妙な霊的物質
とで出来ていて双方の方向性はプラスとマイナスになっている。
物質的肉体はその細胞生命維持と保全の為に機能し、
霊体はその母胎である宇宙生命の流れに沿って肉体を含む
全人格の進化を促進するために機能する。
多くの人々は物質的な体の機能のみに拘泥している様子だ。
これは大変情けない事だが、人間が物質文明の栄華を追う事に
奔走し続けた結果と言うほか無い。物質文明の栄華に奔走した結果、
『見えるもの、触れる事が可能なもの』つまり物質的なものしか
信じない人種が成立してしまった。
太古の昔から綿々と流れてきた精神文明と、その担い手である魂、
或は心と呼ばれる人間の霊的な体の方は軽視されているのが現状だ。
霊的な体の持つ宇宙指向性が機能していない人間の行き着く先は、
人間が最も恐れているであろう破滅でしかない。

物質的生命の機能が霊的生命の機能を上回っている状態の人間にとっての
『愛する』行為は細胞生命維持機能に則したものでしかない。
つまり平たく言えば細胞生命の意図する子孫繁栄指向性に
裏付けられた行為が中心に据えられたものでしかない。


あなた方プロジェクト要員は、プロジェクト遂行の為に
如何なる努力も惜しまないであろう。しかし、
いつもこの本来の意味においての『愛する』という事を念頭において
おかなければならない事を覚えておいて欲しい。
あなた方が霊的にも物質的にも愛し合い励まし合う事、
つまり全人格的にお互いに関わり合う事で、
我々とのコミュニケーションも円滑に行われひいてはプロジェクト
もうまく機能するのである。全的に認め合い、
受け入れ合う事がコンタクトの意味するところであり、
コンタクトとは部分接触では有り得ない。
少なくとも我々の方法では無い。我々は、
あなた方の全人格的な成長を軸にプロジェクトを遂行しているからである。
以上の事をコンタクト第2期の年頭の今、よく考えて貰いたい。

そして、もう一度コンタクトの一番最初の自分の意識状態
を思い出し現在の意識状態と較べてみて欲しい。

              宇宙連合・銀河連合地球救済計画進行委員会

--------------------------------------------------

ARIONの詩的メッセージ
「植物の愛 惑星の愛
 美貌の境の無い愛
 性別の無い愛
 土の愛
 地球の愛
 固体 液体 気体の区別の無い愛
 やっと感じられる 薄いヴァイブレーションの
 至高の愛」

ひふみ神示
「恩、知らねばならん。恩に報ひなければならんぞ。
 人民、天地の恩 忘れているから、喜び少ないのぢゃ」

「何事に向っても先づ感謝せよ。ありがたいと思へ。
 始はマネごとでもよいぞ。結構と思へ。幸と思へ。
 そこに神の力加はるぞ。道は感謝からぞ。
 不足申せば不足うつるぞ。心のままとくどう申してあろうが」

「愛にも内のものと外のものとがある。愛と申せば何でもよいと思ふていてはならん。
 愛の悪もあるぞ。他を愛するは真愛ぞ。己のみ愛するのは自己愛ぞ。
 自己愛を排してはならん自己愛を広げて、大きくして真愛と合致させねばならん。
 そこに新しき道ひらけるのであるぞ。自己愛を悪魔と説くは悪魔ぞ。
 無き悪魔つくり、生み出すでないぞ。一段昇らねば判らん」

「愛は神から出ているのであるから。
 神に祈らずに自分でするから、本を絶つから、われよしに、自己愛になるのぞ。
 自分拝むのは肉愛でないぞ。愛から離れた信仰はないぞ。
 善から離れた真理はないぞ。タネなくして芽は出ん道理」

「血は愛によって生き、愛は喜びによって生きるのぢゃ。
 喜びなき所に愛はないのざぞ。神ないところ生命栄えんぞ」

「偽の愛、偽の智と申すのは、神を信じない人民の愛と智であることを知れよ。
 この人民たちは神の声を聞いても聞こえず、神の現れを見ても見えないのであるぞ。
 目を閉じ耳にふたをしているからぞ。
 今の人民よ学者よ金持ちよ、早う考え方を変えねば間に合わん、心の窓早う開けよ」

「希望は愛の現れの一つ。どんな時、どんな人にも与へられているのぢゃ。
 希望にもえつつ、現在を足場として生きよ。呼吸せよ。
 同じことしていても、希望もつ人は栄え、希望なき人は亡びる。希望は神ぞ。
 アイウエオからアオウエイの世にうつって来るぞ。
 アオウエイの世が天国ぢゃ。用意はよいか。
 今の世は道具ばかりぢゃ。使ふ人民、早うつくれよ」


まず、自分を愛して他者を愛に拡大していけという事だが、
自分を愛せない人は他者を愛する事は出来ない。
自己愛とは、自分が可愛くて自己中という意味ではない。
自分を許し、自分を認め、自分を受け入れる事である。
それが出来なければ、他者を許し、他者を認め、他者を受け入れる事は出来ない。
「人を愛している」という気持ちの殆どが、色情、錯覚、思い込みの産物なのだ。

「表の喜びが、愛、真、善、美となり現れ、
 裏の喜びからは、憎、偽、悪、醜が現れるのぢゃ。
 喜びが神ぢゃと申して裏の喜びではならんぞ。
 今の人民の喜びと申すのは裏の喜びであるぞ。
 悲しみを喜びととり違へているぞ」

「そなたは一度神を捨てよ。神にしがみついているから、
 小さい囚われた、ゆとりの無い神を、そなたがつくり上げているぞ。
 信ずれば、信ずるほど危ないぞ。
 大空に向かって大きく呼吸し、今までの神を捨てて心の洗濯をせよ。
 神を信じつつ、迷信に落ちていると申してあること、よく心得よ」


【愛とは何か。愛とは何かを考えるとき、そこには愛はない。
愛は教えや思考の産物ではないからである。
「愛がある」とか「愛がない」とか論ずる者に愛はない。
そして、愛の何たるかを知らない者である】


「愛」という言葉はよく使われますが、一般的に使われる場合、
それは「愛」ではなく、「情」なのです。
ほんとうの愛は、何の見返りも考えないものですし、
普遍的であり絶対的なものです。
ほんとうの愛は、「神」と同じような領域のものなのです。
これに対し、情は感情の領域です。
「愛のもつれ」などという表現がありますが、
じつは「情のもつれ」以外のなにものでもありません。
情と愛を混合してしまっているために、
愛が怒りや憎しみに変わったように思い込んでしまうのです。

神泉組2から抜粋
神泉組2【ハイパーネオデジタル内観】

嬉し嬉し嬉し
愛する愛する愛する
ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
出逢いに感謝。出逢いに感謝。出逢いに感謝。

ひふみ
よいむなや
こともちろらね
しきる
ゆゐつわぬ
そをたはくめか
うおえ
にさりへて
のますあせゑほれけ


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。
できればコメントもいただけたらうれしいです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/88-2d98fee2