変性女子と変性男子 

大本教では変性女子と変性男子という言葉があるが・・・
これは変性意識状態のことではないだろうか。
いわゆるトランス状態(神秘体験)と関係していると思わる。

人智学においては
「オシリスの力は人体を女性に形成する。」
「イシスの力は人体を男性へと形成する。」
とシュタイナーは言っている。

大本神諭の
「変性男子(国常立尊が懸かった出口直)」
「変性女子(豊雲野尊が懸かった出口王仁三郎)」
の関係と一致している。

私の直感だが・・変性女子とは心臓のチャクラと関係していると思われる。
グルジェフも変性という言葉を使っているのだが、
これは、物質が高位の存在に変化するという意味で使っている。
つまり、変性女子とは、オシリス(艮の金神)により、
心臓のチャクラが活性化したという意味ではないだろうか・・・。

黒住宗忠も中心太陽との合体した体験を率直に語っているが、
あきらかにこれは心臓のチャクラのことを言っていると思わる。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/882-897cc113